読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれ花

スピリチュアルなことや趣味のこと いろいろな事を綴る それが、『つれづれ花』

家族の文化

では、本日のオラクルカード行ってみましょー

ユニコーンオラクルカードより
『家族の文化』

f:id:happywhiteflower:20160323135900j:image


家族問題って結構根深く、めんどくさい(^^;

いくら仲良くても、大なり小なり一つや二つ、三つや四つ・・・

うん。数えてたらキリがないから止めよー


でも、根深いのは仕方ない

それが、家族との絆なのかなって思います

それでも、片付けられない関係のところもあると思う


例にだすなら・・・

あるご家庭で、ようやく待望の女の子が生まれました

わんぱくな兄三人と自然一杯のところで育った女の子

当然、その女の子も純粋無垢なわんぱく娘になってしまった

それは、仕方ないのに

母親からは女の子なんだからおしとやかに

と言い続けられ、大好きな陸上もどんなに頑張っても認められず、

どんどん二人の間に溝は深まるばかり

そして、ついには、その女の子は軍隊レベルの命に関わる職種に親に秘密で就いてしまったとさ。。。


これは、図書館戦争という主人公のエピソード

作り話かよーって思われるだろうけど

結構リアリティーあるエピソードの一つだと思う


少なくとも、女の子なんだからそんな大きな声で笑いなさんな

と言う言葉を、おばあちゃんが母親に言ってる言葉をよく耳にする

その度に、母が顔を歪ませるのを何度も見てきた


きっとね、大小あるにせよ

問題抱えてない家庭って実はないんじゃないかな?


人間個性というものがある

それは、過ごして行く内に築かれていくものだけど、

多分、生まれ持った性格のほうが本当は大きいんじゃないかな?


そんな中、生まれて初めて出会う人は家族という存在

いわゆる、初めての人間関係はここで培われていく

でも、人間関係の初心者である私たち子供側からしたら自分の自我も押し通したい

それでも、人間関係のベテランの親たちはそれに気づかない。あるいは気づかぬフリをする

でも、お互い意思を意思を押し通したいから、何とかしようとすればするほど

溝は深まっていく


うん。

なにか問題起こっても仕方ないよね?


最終的にどっちかが折れるか・・・

そのまま対立するか・・・


でも、折れずに対立せずに

心の中で分かってあげることも大事なのかな?って思う

いわゆる、スピリチュアルで言うと「許す」と言うよりも

「仕方ない」って言葉に当てはまってしまうけど

それは、自分自身の親の呪縛から解放されるための一つの方法だと思う

でも、それは根深い問題を「手放す」ことにもなる

そうすると、少しは心に余裕が出来てくると思います


手放す

それは自分の呪縛を解く魔法

家族という言葉は重いもの

だからこそ、なかなか難しいことだけど

重いものこそ手放せたなら

きっとステキなものが入ってくるはずだから

ユニコーンオラクルカード日本語版説明書付

ユニコーンオラクルカード日本語版説明書付